トップページに戻る

タキシードのページ
■ベスト付濃紺タキシード

カマーバンドを使わず
Vゾーンの深いベストを
合わせました。
カノニコ(伊)の濃紺生地を使い
やや細身のショールカラーにしました。

■紺とグレーのタキシード

襟をシルクで作る拝絹掛けという
仕立て方がタキシードの条件です。
本体と拝絹の色を合わせ、剣襟にしました。

マシンメイドお仕立て上り 
11万円
    
■輝石の釦

鼓釦という掛け方にしています。
英国製の裏地を使いました。
■ファンシータキシード

ファンシーとは凝ったという意味。
鮮やかな青でお仕立てしました。
ファンシータキシード 2

替えベストとズボンを合わせることもできます。
シャツはウイングカラー、スタッド釦留め。
(右)
*結婚式の新郎となられる方へ

式当日だけでなく、以後も着ることのできるスーツやタキシードをお考えください。
マシンメイドなら10万円ほどでもお仕立てできますので、そう高くはないと思えます。
  新郎の結婚披露宴のために作った
 
 光沢のあるコーデュロイ(コール天)の
  スーツです。(同じ生地のズボンがついています)
  
  フロントをスクエア・カットにしています。
  胸ポケットにシルクのハンカチを入れました。

     マシンメイドお仕立て上り
         
¥89,000-

結納返しにお使いになる場合は
右写真のように箱詰め致します。(無料)
正統派タキシードです
タキシード制作には1ヶ月程かかります。写真の前撮りにも間に合うようご来店ください。
ショールカラー

タキシードは襟を絹で作ることが決まり
色やデザインは自由です。
黒のショールカラーは最も一般的なデザイン。


ドーチェスター(英)社製タキシードクロス使用
マシンメイドお仕立て上り 
11万円


       
 
↑日本語ではヘチマ襟 ↑拝絹(はいけん)といいます

シングルでピークドラペル(剣エリ)。
タキシードは
襟にシルク(拝絹といいます)
を使います。
右写真で尖った襟が光ってみえるのはシルクだから。
ズボンの脇にも側章というシルクのラインが入ります。

ハンドメイドお仕立て上り 
 20万円
タキシードには以下の付属品が必要です。
ウイングカラーの礼装用シャツ
おなじタキシードを着ていても
ボーイさんとお客さんはシャツが違います。
1万円)   

 ウエストにはカマーバンドという
 腹巻のようなものを巻きます。
(12、000円)

  タキシード用のシャツには
  前釦がついていません。
  スタッド釦という飾り釦で前を留めます。
   
   右写真はスタッド&カフス釦のセット
            5点で
15,000円です。
 蝶ネクタイです。(写真左)
 黒、グレー、柄物など各種あります。

  写真右は
クロスタイというもの
  芸能人などがよく使っています。


  いずれも4000円
(左)
ぜひ
サスペンダー(ズボン吊り)を
お使いください。
ズボンのラインがきれいに出ます。

クリップで留めるサスペンダーもありますが
これは本格派のボタン式。 
5000円です。

(右)
タキシードにエナメル靴を合わせるのは
ご婦人とダンスを踊るとき靴墨で
パートナーのドレスの裾を汚さないためです。


  
タキシードとモーニングの違い 礼服はダブルが正しいの?  

トップページに戻る