ロングコート2 トップページに戻る
ロングコート1へ ハーフコートへ
特殊なコートへ コートの作り方へ



■30年代デザインのコート

幅広のピークドラペルと極端に絞ったウエストが特徴。
カシミア100%素材を使用しました。


         ▼
背中はヒダ入りのピンチドバックというデザインです。
福岡からいらしたお客様なのでお送りしたのですが
ご着用になった写真を送ってくださいました。
■カバートコート

その昔は狩猟用に使われていたカバートコートです。
上衿は別珍で、前合わせは風が入らないヒヨク仕立て。
袖口と裾に補強のためのレイルウエイステッチを
入れています。

ハンドメイドお仕立て上り 
14万円

         
■スプリングコート

3月、4月のお花見時、肌寒い時節に着用する
モヘア素材の軽~いコートです。

シルクや綿素材もよく使います。


マシンメイドお仕立て上り 10万円
■婦人コート

ステンカラーの婦人コートをハンドメイドしました。
肩周りが小さく裾の広いAラインです。

紳士服素材なので通常の婦人物より重いのですが
ハンドメイドでバランスよくお仕立てできましたので
着ていてすごく軽いとおっしゃって下さいました。
■ダブル・チェスターフィールド

最も格式が高いとされるコートです。
25ミリ直径のくるみ釦を使いました。


            
  2013、1、24
      
■オーバーコートではありません

防寒のために着用するオーバーコートではなくモーニングコート同様に、これ自体が上着です。オペラにでも行けるくらい上等なハンドメイドなのですがご注文のお客様はごくラフに着用なさる予定です。
■LUNA SEAのコート

ロックバンドLUNA SEAのビデオ持参のお客様はボーカルの方が着用しているものと同型コートをご希望でした。

(左)
ビデオを見て描いたイメージ画です。

(右)
身長180cmを越えるお客様の
くるぶしまで届く超ロングコートの完成
■フロックコート

19世紀の礼服、フロックコートをハンドメイドしました。シャーロックホームズファンのお客様からのご注文です。

現在のモーニングの原型となった服で後ろ姿はモーニングとほぼ同じです。
■アルスターコート

襟を立てて着るダブルのアルスターコートです。アルスターとはこの襟の形のこと。袖口はストラップ・カフスにしました。(右写真)


ハンドメイドお仕立て上り 
17万円

■チェスターフィールドコート

チェスターフィールドコートは20世紀に登場した
格式あるコートです

       ▼
カシミア素材でハンドメイドした高級品です。
グレーサキソニーの三つ揃いを着用した
上に羽織って頂いています

ロングコート2 トップページに戻る
ロングコート1へ ハーフコートへ
特殊なコートへ コートの作り方へ