2020年コレクション  トップページに戻る
2019年秋 2019年夏 2019年春 2018年冬 2018年秋

■半裏

デニム生地のジャケットを
軽い感覚の
半裏仕立てにしました。

マシンメイドお仕立て上り
¥70,000-
■ロングコート

イタリア製のウール生地で
お仕立てしました。
お客様は東京の方で
電車利用が多いため
コートが必需品です。

マシンメイドお仕立て上り
¥85,000-
■ベスト&ズボン

スキャバルのヴィンテージ
生地でダブルのベストと
ツータックズボンをご注文の
たいへんにおしゃれな
お客様です。
■フランネル

下と同じお客様ですが
こちらは温かいフラノ
生地です
■イタリー素材

着こなしに慣れた
お客様ですので
遠慮なく厳しいラインに
お仕立てしています
■ツィード

スコットランド産の羊毛で
織ったツィードのジャケット。

マシンメイドお仕立て上り
  
¥78,000-
■スキャバル トリプルA

スキャバル社の看板生地で
とても良い品ですがたいへん
高価格が付けられています。
■ドーメル・トニック

半世紀前に織られた
名作生地でハンドメイド
したスーツです。
現在ではこのような強捻糸が
生産されないため
織元も復刻できずにいます。
■一つ釦のジャケット

アウトポケットにして
袖釦なしという
シンプルなデザインです。

色自体も珍しく
当社には個性的で
主張の強いお客様が
多くいらっしゃいます。

マシンメイドお仕立て上り
 
¥75,000-
■貴石の釦

ミユキ毛織のシルク生地で
ハンドメイドしたジャケット。
貴石でできた釦を使いました。
■デニム・ジャケット

ストレッチ・デニムを
使ってスマートに
仕立てました。

替え上着お仕立て上り
 
 ¥75,000-
■ダブル ノッチカラー

ダブルの上着は通常
ピークドカラー(剣襟)に
しますがノッチカラーも
スマートです。

ハンドメイドお仕立て上り
  
 13万円
■ショールカラー

こちらはヘチマ襟ですが
襟を絹で作ればデザインに
関係なく全てタキシードです。

シャツや蝶ネクタイなど
付属品を合わせて
15万円くらい

■略礼服

冠婚葬祭に黒無地の
スーツを着用するのは
日本独自の慣習です。

マシンメイドお仕立て上り
 
9万円
■タキシード

写真のピークドラペル(剣襟)
の人気が近年高まり
ショールカラー(ヘチマ襟)を
凌ぐくらいになっています。
■ファンシー・タキシード

紺系の柄物生地で
幅広ピークドラペルの
特殊なお仕立てですが
襟をシルクで作ることが
タキシードの条件です。
■トラッド

アメリカンファッションの
トラディショナルは今も
根強い人気があります。

紺ブレお仕立て上り 
7万円
■葛利毛織

愛知県産毛織物を代表する
織元クズリ毛織の生地を
使ったジャケットです。

■ダブル6つ釦

英国調のダブルが
復権しています。

ハンドメイドお仕立て上り
  
 20万円
■ゼニア

イタリア・ブランドの
代名詞ともなっている
ゼニアはしなやかな
手触りが特徴です。

マシンメイドお仕立て上り
 
 9万円
■チェスターフィールド

丈を短く、扱いやすく
仕立てました。

テーラーロッジ社(英)製
カシミア100%生地使用
お仕立て上り 
  
 ¥105,000-
 トップページに戻る

2019年秋 2019年夏 2019年春 2018年冬 2018年秋