2019年夏コレクション  トップページに戻る   
  2019年春 2018年冬 2018年秋
■半裏仕立て

夏向きに裏地の分量を
少なくした半裏仕立てです。

英国製生地使用
スーツお仕立て上り
  
¥98,000-
■軽量仕立て

生地だけでなく
パットや裏地、芯など全て
軽量素材を使います。

マシンメイドお仕立て上がり 
夏スーツ
 9万円
■フロックコート

宝塚歌劇団の指揮者の方から
ご注文を頂き、蝶ネクタイも
作りました。
■フィンテックス(英

チェック柄はあちこちで
縦横の柄合わせをする
必要があります。
■スキャバル

イタリー生地が世界を席巻する中
スキャバル社は英国生地を
代表する高級素材を提供しています。
■シャリック

ミユキ毛織が開発した向こうが
透けて見えるほど薄く軽い盛夏向け
服地でジャケットをお仕立てしました。

マシンメイドお仕立て上り
 
¥75,000-
■蝶貝の釦

見た目が涼しいので夏服には
よく使います。

モヘアスーツ
マシンメイドお仕立て上り
   
 10万円
■麻100%

麻らしい柔らかいシワが
むしろ魅力です。

イタリア製麻生地使用
ハンドメイドスーツ
お仕立て上がり 
20万円
■FINTEX

フィンテックスは最も上質の
英国生地とされ
輸入量が少ないので
高額で取引されています。
■ヴィンテージ素材

紳士服黄金期の1950年代に
織られた生地をコレクション
しています。

ドーメル(英)スーパーブリオ
ハンドメイドお仕立て上がスーツ
  
 22万円
■超軽量素材

向こうが透けて見えるほど
薄くて軽い夏スーツです。

ミノバ社(英)製生地使用
マシンメイドお仕立て上がり
   
¥105,000-
■ステージ衣装

サックスプレーヤー
赤田晃一さんの演奏用衣装
をお仕立てさせて頂いています。


6月23日(日)午後6時から
奈義町現代美術館で
コンサート開催されます
■スーパーブリオ

ドーメル社が半世紀前に
夏の最高級品として
発売した伝説的生地で
ハンドメイドしました。

たまたま3着続いて
たいへん大柄な方の
お洋服が続いています。
■テーラーロッジ(英)

モヘア(アンゴラ山羊の毛)を
60%織り込んだたいへん
光沢ある夏生地です。

マシンメイドお仕立て上り
      
 10万円
■ベークサイド(英)
 
夏には珍しい茶色の
モヘア生地です。 

マシンメイドお仕立て上り
   
10万円
■メッシュのジャケット

通気性の良いイタリア製
生地でお仕立てしました。

マシンメイドお仕立て上り
 
¥75,000-
■麻100%のジャケット

裏地を極力少なくした
半裏(単衣)というお仕立て方です。

マシンメイドお仕立て上がり
  
¥75,000-
2019年夏コレクション

トップページに戻る   2019年春 2018年冬 2018年秋