2019年春コレクション  トップページに戻る
■スキャバル

特色あるヴィンテージ柄に
貴石の釦を合わせました。
■もみ玉

ポケットのフチをごく
細く作る仕立て方です。

上着の内側上部の
名刺入れポケットに
使います。
■紺ストライプ

ボディビルをなさる
スーパーマンのような
体型のお客様に合わせた
ハンドメイドスーツです。
■茶色のデニムジャケット

アウトポケットで
ダブルステッチを入れました。

マシンメイドお仕立て上がり
 
 ¥65,000-
■濃紺無地の三つ揃い

この頃テレビで見る各国首脳の
ほとんど全員が紺無地を着て
います。
■ランバン(仏)のスーツ

近年オーダー生地として
ランバンがよく使われる
ようになりました。
日本の商社の都合によるところ
大と思われますが、むろん
たいへん良い素材です。

マシンメイドお仕立て上り
  
¥100,000-
■春のジャケット

様々な色に染めた糸で
織り上げた複雑な色が魅力。

英国生地使用
マシンメイドお仕立て上がり 
  
 7万円
■ウールデニム

ール(羊毛)を原料に
デニムの手法で織った
イタリア製生地を使いました。

ジャケットお仕立て上り


 
¥68,000-
■チャコールグレー

消し炭色の三つ揃いは
最も英国らしい生地です。

三つ揃い
マシンメイドお仕立て上り

  
¥108,000-
■チェックの襟裏

世界一の生地商社である
ベルギーのスキャバル社製
ヴィンテージ素材を使いました。

■お体の大きなお客様

お体が大きくても
お値段は同じです。

エンパイアミルズ(英)社製
生地使用スーツ
マシンメイドお仕立て上り

  
 10万円
■オペラ座の怪人のマ

わざわざ東京からお越しの
お客様のご注文で
ハンドメイドでお仕立てしました。
 トップページに戻る