2019年秋コレクション  トップページに戻る
 2019年夏 2019年春 2018年冬 2018年秋
  
■セミ・ピークド・ラペル

ピークドラペル(剣襟)よりも
優しい襟型です。

ハンドメイドスーツ
お仕立て上り
 18万円
■襟裏の花受け

襟の裏側に、フラワーホールに
刺した花の枝を支える
仕掛けをしています。
■ダブルのコート

襟には茶色の別珍を
使いました。

グローレックス(英)生地使用
マシンメイドお仕立て上がり
 
 ¥98,000-
■ダブルクロス

スキャバル社の厚みの
あるヴィンテージ素材で
三つ揃いをお仕立て
しました。
■ダブル6ツ釦

一番上の釦をかける
デザインは珍しい。
ごく柔らかいイタリア製生地
を使いました。

■カシミア100%

近年珍しくなりましたが
スコットランド・コロンビー社の
カシミアは品質最高です
3PLY

半世紀前のベークサイド社(英)製
生地を使ってハンドメイド。
お客様は完成翌日には着用
して海外出張にお出かけに
なりました。
■黒織り柄

若い方の間では
相変わらず人気の
素材です。

マシンメイドお仕立て上がり
  
 ¥68,000
■ドーメル

スキャバルと並んで
当店では最も人気ある
ブランドです。

マシンメイドお仕立て上り
三つ揃い 
12万円
■グレンチェック

伝統的な柄のスーツは
常に目を引きます。

英国製素材使用
マシンメイドお仕立て上がり
   
 9万円
■ハンドメイド・スーツ

東京からいらしたお客様
ご注文の三つ揃い。
手縫いならではの
立体感が値打ちです。
■マントをハンドメイド

夏前から冬用マントの
ご用命を賜りましたので
時間をかけて縫わせて頂く
ことができました。
■井原産デニム

お客様がご持参のデニム生地で
お仕立てしたジャケット。
オレンジ色の糸を使って
アクセントにしました。

お仕立て代
 5万円頂戴しています
■ピークドラペル
 
剣襟(ピークドラペル)で
チェンジポケットを採用した

シングル三つ揃いです。
■ダンヒル(英)

2年前にオーダー用生地の供給を
停止した後もダンヒルの
人気は衰えていません。
■ドーメル

英国製生地で今最も
人気があるブランドです。

マシンメイドお仕立て上がり
 ¥98,000-
■チェックのジャケット

替え上着は無地か
チェックが人気です。
黒チョウガイの釦を使用。

マシンメイドお仕立て上がり
    
¥75,000-
■スキャバルのスーツ

ドーメルと並ぶ英国生地の
最高峰で
重厚な風合いが特徴

マシンメイドお仕立て上がり
  
¥98,000-
■エマニエル・ウンガロ

フランスの女性服デザイナー
で知られるウンガロは
華やかな紳士服素材も
作っています。

マシンメイドお仕立て上がり
  
¥85、000-
 トップページに戻る

2019年夏 2019年春 2018年冬 2018年秋